今すぐ予約
? Book

ホテルマップ

ホテルの地図

ホテル詳細

上海七重天ホテル (Seventh Heaven Hotel Shanghai), ホテルは中華商店街にあります。南京路歩行街にあり、交通が便利で、外灘、豫園鎮守廟、博物館、大劇場、淮海路商店街などの主な観光スポットに達することができます。
「七重天」ブランドは七十年以上前の上海にさかのぼります。1915年、華僑の郭楽、郭泉兄弟は永安会社を創立しました。当時の四大会社の一つです。1932年、郭氏兄弟はまた19階の観覧ビル、新永安ビルを建てました。そして浙江路の上空で閉鎖式の歩道橋で古いビルと繋がっています。南京路の一番有名な景観になりました。1937年、永安会社は七重天という名前を登録しました。新永安ビルの七階に位置しているので、この名前が付けられました。
旧上海の七重の日は何よりも興味津々で、当時の上海の高層建築、最も豪華な娯楽施設、シンボル的な建物、上海の歌舞ホールです。茅盾先生が『上海の朝』で述べたように、「七重天」は多くの上流社会のセレブである媛、多くの商工界のエリート及びモダンな人士の集まり、社交の楽園です。多くの上海人の心の中で夢にまで見ていて、うっとりするような豪華な娯楽場です。長い間、東南アジア全体を風靡しました。
七重天ホテルは暖かくて快適で、古風で優雅な客室を持っています。景観室は窓に向かって南京路歩行街の繁栄ぶりを見下ろすことができます。古い上海レストランは純粋な上海料理で長に会って、大型披露宴、誕生日、会務、高級宴会及び過去の観光客の気軽なお酒を接待します。カフェの環境が優雅で、各種の飲み物を提供しています。毎晩歌や踊りの公演をして、十里の外野に連れて帰って、夜の上海のマンネリを感じます。